便秘

便秘

便秘対策について

こんにちは、ブログを拝見頂きありがとうございます。
栃木県 矢板市で慢性腰痛専門交通事故専門治療を得意としてます、むとう整骨院です!

 

本日は、便秘対策につていです!

 

たんぱく質脂質食(糖質OFF)をしていると、よくある悩み。

 

便秘

 

 

 

まず、良い便の状態

  1. 食べた回数分、その日のうちに便がでているか
  2. スッとでるか
  3. 色は、茶黄色ぽいか
  4. 水に浮いているか
  5. バナナ状か
  6. 臭いが少ないか

 

上記が全て当てはまっていれば、かなり良い腸内だと思います。

全然当てはまりませんという方は、便秘ですよ!

 

正しい情報を知ってみて下さい。

 

 

改善策としては、多種多様。

 

個人的には、その人にあった効くものを模索しながらやっていくのが一番だと思います。

 

いろいろ便秘改善のためにやってきたという方は読んでみるといいかもしれません。

 

 

何をやるにも、大前提に

「+」するよりも「-」していく事が大切です。

 

体にとって、負担のかかるものを減らし、良い事をしてあげる。

 

 

 

以下の物を飲んでる方は、腸だけに超注意が必要!

「大黄」:漢方

「センノサイド」:薬

「センナ」:薬

 

これらは、刺激性下剤です。

長期服用で、飲んでも効かない腸へとなります。

飲む量が増えて、さらに効かなく・・・

大腸の神経障害を起こし、腸閉塞・・・大腸がんへとなっていきます。

しかし、病院処方ではあるので、自己調節せずに、必ず主治医と相談して下さい。

 

 

個人的な便秘改善方法

 

1.水分摂取

2.脂質摂取

3.ビタミン摂取

4.腸マッサージ

5.ストレス改善

食物繊維に注意、不溶性食物繊維は、摂りすぎると逆に腸を詰まらせる。

 

 

乳酸菌など腸に良いものを食べていく事は大切なのだが、組み合わせに問題があったり、加工に問題があったりとで便秘改善につながらない事のが多い気がする。

 

数年単位の慢性的な便秘の方は、血液検査をおすすめ。一般的な血液検査数値は、基準値を言ってるだけなので、「血液検査は問題がない」と言われてる方は注意が必要。

 

便秘改善の前に、腎臓や肝臓、尿素窒素などの数字が悪い場合がある。まず、そちらも改善。

 

 

本題。

 

1.水分摂取  2~3リットル摂取

特に、硬水をとりましょう。海外は硬水が多い。ただ、硬水が飲めない人は軟水で大丈夫です。水道水はNG。

腎臓は、体重×50mlは濾過できるので、安心して下さい。飲みましょう!

 

2.脂質を摂る

「脂質は良くない」という、間違った概念を外しましょう。

間違った情報のせいで、脂質を避けて摂取量が少ない人が多いです。

料理には、ラードやバターを使うようにしましょう。

痩せているかたは、体重分とりましょう。

 

乳脂肪分が高い生クリームもおすすめです。40パーセント以上がいいです。

 

あとは、ココナッツオイルやMCTオイルもいいです。

 

最終的には、大さじ2杯ぐらいを一度に飲めるようになると素晴らしい。

 

いきなりは、胃が不快になると思うので調整しながらいきましょう。

 

MCTはケトン体を上げやすくなるので、オススメです。

 

 

3.ビタミンC

ビタミンCには、ストレスに対して強い作用があります。

水銀や鉛など重金属類に対しても、Cは効果発揮します。

40種以上の効果があるのですが、どのくらいの量をとるのかが大切です。

 

最低、2000mgを一日をかけて摂取することがおすすめです。

 

2000mg~10gを摂取していきましょう。個人差かなりあります。

 

4腸マッサージ

これは、虫歯にならないようにするために歯磨きと一緒です。

腸内回りの筋膜などの動きが悪くなっている方が多いです。もみもみすることで、血流があがります。

一度プロにうけると良いと思います。

ここが硬い人は、姿勢が悪い人が多いので姿勢も改善しましょう。

 

5ストレス改善

ビタミンでも言ったように、ストレスは体の代謝を狂わせます。

ストレスをストレスと感じる考え方を変える事が重要。

マインドブロックしていきましょう。

ポジティブシンキング♪

 

以上、便秘改善策でした。