ブログ/便秘/冷え性/栄養学/頭痛

ブログ便秘冷え性栄養学頭痛

糖質制限について

こんにちは、いつもブログを拝見頂きありがとうございます。
栃木県 矢板市で体質改善慢性腰痛専門交通事故専門治療を得意としてます、むとう整骨院です!

ご予約はLINEから!

 

以下、江部先生、抜粋。

 

 

糖質制限には長期的なエビデンスがないというが、現在の治療法、糖質過多、低カロリー食事指導には、どんなエビデンスがあるというのか?

この50年、糖尿病患者が激増して50倍になったこと、さらに合併症もとどまることがない。この治療法や食事指導が、正しければ減っていかなければならない。

 http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-4518.html

糖質制限では、どんどん改善する。合併症もおこらない。

 産科医療では、この50年間で妊産婦死亡は激減した。周産期死亡も(周産期死亡とは妊娠22週以後の死産と生後1週間の新生児死亡の合計)激減した。

 医療の進歩とは、患者を救い、病気を減らすことである。ただ、基本方針が間違っていたら、どんなに薬が増えて、医師や専門医療関係者が増えても病気は治らないし、減らない。

 皮肉なことに、近年で最も明確に、糖尿病の心血管合併症と腎疾患の改善を示した薬は、唯一、尿に糖を排泄するSGLT2阻害薬(エンパグリフロジンほか)だった。これは薬剤による糖質制限である。これが効果的な薬であるとわかれば、糖質を最初から取らないことがいいということは、誰でもわかることだと思うのだが。

 患者が増えて、悪化するという負のエビデンスに満ちている現在の食事指導では、患者は増える一方である。

 

 

とって良い糖質もあるので、できるところからやりましょう!

 

1、小麦粉、精製糖(お菓子、菓子パン、インスタント食品)等の糖質はとにかく減らす。

→腸内環境を悪くするのと、ビタミンを多量に消費します。

2、米はOK

→お米は摂取して大丈夫です。できれば、雑穀米などにしてあげましょう。

3、悪い油もとにかく減らす(時間のたった揚げ物やマーガリン、トランス脂肪酸は最悪です)

→特にトランス脂肪酸、マーガリン、ショートニングと書いてある食品は取らないがベスト

4、加工肉(ベーコン、ハム、ウインナー)も、控えましょう。腸内環境を悪くします。

 

上記のできるところからで、魚や卵の量を増やすと良いですよ!

 

 

 

全国の皆様へ

LINE予約ボタンより、「オンライン希望」とおっしゃって下さい。

必ずよくなる!諦めないで下さい!